杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

木の枝と竹の柵

w1.jpg

施工中の現場は、周囲がコンクリートで囲まれていることもあり、雨が降るとプールのようになります。

w1-2 (2)

試験掘りをしてみると、盛土された山砂の下には硬い土の層。
この層は30㎝ほどの厚みがありますが、この硬土層が地下への水の浸透を阻み、雨水を飽和させているようです。
掘り進むと、その下はやわらかい粘土質、1.5mほど掘ったところで地下水に到達しました。
硬土層は礫交じりの粘性土ですが、雨水が2日程度で引くところを見ると、少しずつ浸透しているのでしょう。
この盤を破り、下層への浸透を早める対策が必要と感じます。

w1-2 (1)

もう一か所掘ってみると、こちらは、山砂の下は灰黒色の土。
その下層には、グライ化した青い砂や粘土が続きます。
グライ化は、土中に水が停滞し、酸素が欠乏すると起こりますが、この状態は植栽には不向き。
庭づくりは、この敷地の通気や浸透を改善することから始めます。

w2.jpg

土質調査を踏まえ、庭に溝を掘って、表面排水を庭奥の側溝まで誘導することにしました。

w3.jpg

そして、植栽スペースとなる塀の前には、土中に水が浸透しやすいよう、硬土層を抜き、深さ1mほどの溝を掘っていきます。

w3-1.jpg

そして、その溝の中には、さらに50㎝ほど深い縦穴を数か所掘る。

w3-2.jpg

この縦穴には、地下に酸素を送る為の、節抜きをした竹筒を差し込みます。
1年前に伐り出していた竹なので適度なひび割れがあり、ここから土中に空気が送られるという仕組みです。

w3-3.jpg

そして、この溝には、昨年に取り置きしていた剪定枝と既存の石やガラを埋め込む。

w3-4.jpg

枝は柵(しがらみ)にして、地盤より30~50㎝程度高めます。
これを土留めとして、溝堀りで出た土に炭やバーク堆肥などを混ぜて土壌改良、値の張りやすい植栽地盤をつくります。

w3-5.jpg

有機物を土中に埋めると、分解の過程でガスが出ます。
それを回避するために、溝には土を埋め戻さず、柵に空気が触れている状態にしておきます。
土留めとなる側には、落ち葉をまぶして土が侵入しないようにしていますが、仮に、落ち葉が土にもぐってガスを出したとしても、竹筒から送られる空気がそれを抜いてくれるでしょう。

w4.jpg

ということで、塀際の土留めが終わり、今度は前面の土留めに移ります。
住宅側からの景色も考えて、こちらは木の枝でなく竹の柵。

w5 (1)

工法的には木の枝の柵と同じ。
杭になる竹筒周りには、軽石と炭、土中から出た小石などを入れて浸透力を高めつつ、竹筒への土の侵入を防ぎます。
炭には土中のガスを吸収する力があるので、その効果を期待します。。

w5 (2)

竹の柵は、美しい曲線を描けるよう、柔軟性のある割竹でつくることが多いようですが、今回は自社の畑から伐り出した丸の竹を使います。
丸の竹を使うと竹と竹の間に隙間ができ、土が流れてしまいますが、それを防ぐために、払った竹の枝を束ね、それを裏込めとして詰めていきます。
伐り出した竹は枝も併せてすべて使い切りましたが、剪定枝も然り、捨てずに取り置きしておくと、こうした時にとても役に立ちます。

w5 (3)

これで、植栽スペースの前後の柵が完成しました。
硬い層を破って埋め込んだ竹筒は50本程度。
3日間それを続けたら、さすがに筋肉痛になりました。

硬い庭の土をほぐそうと頑張ると、筋肉が硬くなる。
明日は雨予報です。
骨休めならぬ筋肉休めにして、硬くなった体をほぐしましょう。

Comments 0

Leave a reply